season

今週の季節の言葉

蛍-三好市-403-1s

ほたるふぶき

 ほたるふぶき 「もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見ゆる」の和泉式部の歌にも見られるように、蛍は古くよ…

蛍-三好市-IMG_3348-1s

芒種(再)

6月に入りました。すでに梅雨に入り、確実に季節が移ろっているようです。 さて、今日は「芒種(ぼうしゅ)」です。「芒種」の…

麦秋

小満(再)

今日は小満です。万物がしだいに長じて満つるの意味。草木が茂り、生き物も生長しはじめます。  小満のみるみる涙湧く子かな …

takenokosyouzu

立夏(再)

立夏 今日から暦の上では夏となります。木々は緑になり、万物が生き生きと輝き始める季節です。  プラタナス夜もみどりなる夏…

アシ 5I0A9935s

穀雨

穀雨(こくう) 今日は穀雨です。「春雨が降って百穀を潤す」意味。しっとりした雨が草木を包み、 いのちを育んでいきます。 …

阿蘇の虹

清明

清明(せいめい) 今日は清明です。「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり(ものが くっきり見えるので、芽吹…

このブログについて

season

今週の季節の言葉

心が、暮らしが豊かになる…そんな言葉を毎週一つずつお届けします。

ブログ著者

urakawa

浦川聡子

(うらかわ・さとこ)
俳人。編集者。1986年より俳句をはじめる。1993年、第11回現代俳句協会新人賞受賞。日本文藝家協会会員・国際俳句交流協会実行委員。現代俳句新人賞選考委員。アマチュアオーケストラ(弦楽器)に所属、音楽を題材とした作品に定評がある。平成25年度版『明解国語総合』(高校国語教科書)に作品収載。句集に『クロイツェル・ソナタ』『水の宅急便』。『眠れる木』。『教科書にでてくる!俳句かるた』監修。今年3月、別冊NHK俳句『もっと知りたい美しい季節のことば』を刊行。ブログはこちら「浦川聡子 俳句の世界へ」
フェイスブックhttp://www.facebook.com/satoko.urakawa.1

このブログの人々

編09

田原朋子

管理人&きょうの料理ビギナーズ編集部