ftr_icon_shizuko

99歳三星静子の古ぎれコラージュとひとりの暮らし

雲水

空腹は最高の調味料

(作品名「雲水」) 「わたしね、腰が痛くて、長く立っていられないから、 台所仕事に時間がかけられないの。

くわい

死ぬまで、おしゃれに

(作品名「くわい」) 「わたし100歳近い年ですけど、 アクセサリーなんかも手作りするの。

とうがらし

布選びの秘けつ

(作品名「とうがらし」) 「布選びのやり方はね、

落ち葉と鳥

色について思うこと

(作品名「落ち葉と鳥」) 「お花でもね、葉っぱでもね、 普通だったら、色は同じでしょ。

小さな魚

手っとり早いの

(作品名「小さな魚」) 「布というのはいろいろな模様があるでしょ。

このブログについて

ftr_icon_shizuko

99歳三星静子の古ぎれコラージュとひとりの暮らし

古い布を素材に作った布絵に、“生き方上手”静子さんのことばを添えて。

ブログ著者

_MG_7683

三星静子

(みつぼししずこ)98歳、古ぎれコラージュ作家(デビューは92歳)。日本刺しゅう作家、草乃しずか氏の実母。東京郊外の一軒家でひとり暮らしをしている。買い物とそうじの一部でヘルパーさんの助けを借りるほかは、食事作り、洗濯など、日々の家事を自分でこなしている。好きな俳優=ぺ・ヨンジュン。好きなテレビ番組=「スタジオパークからこんにちは」、「徹子の部屋」。

このブログの人々

編03

海老原淳子

すてきにハンドメイド編集部