完熟と未熟のあいだ(3) 完熟って何?

私たちは、なぜ「完熟」にこだわるのでしょうか。
そもそも、完熟とはどういうことなのか?

真っ赤に完熟したトマトというのはわかるけど、
普段食べているキュウリやナスは、完熟しているのでしょうか。

わかりません。

ゴーヤーやオクラやサトイモは?

うーん。

あれ? ちょっと待ってください。サトイモは違いますね。
違うというか、サトイモは「完熟」って表現しません。
いや、言うかなぁ? ノーノー、やっぱり言わないでしょう。

サトイモだけでなく、ダイコン、カブ、ニンジンなどの根菜類や、
レタス、ハクサイ、コマツナなどの葉菜類は、完熟という表現とは無縁です。

そう、「完熟」という言葉は果菜類(実を食べる野菜)だけに使われる。

 そして、その定義は?

身近な人に聞いてみると、食べて一番おいしく熟した状態だろうとか、
熟した実が自然に落ちる直前の状態だろう、などという答えが返ってきました。

なるほど。どちらも説得力がありそうな。

日常的なレベルでは、そういう理解でも問題はなさそうな気がしますが……。
でもゴメンナサイ、確信があるわけじゃないです。
ここは、やはり専門家に確認しておきましょう。

野菜作りの伝道師、恵泉女学園大学教授の藤田智先生によれば、
農学における定義は「タネができる状態まで熟すこと」だそうです。

それでは、さっきのキュウリやナスやゴーヤー、オクラなどを例に、
私たちが食べているのは完熟なのかどうかを、
この定義に照らして考えてみましょう。

ですが、ここからの説明が少し長くなるので、次回に持ち越します。
すみません。どうか1週間お待ちください。

このブログについて

ひまつぶし野菜夜話

食べればおいしい野菜を、読んで味わう面白ひまネタ。よく噛んでどうぞ。

このブログの人々

加藤雅也

『NHKやさいの時間』編集長

ブログ最新記事