fukai

すし飯(その1)~まずは、深い味のレシピです!~

すし飯(1)

パラリとほぐれる、理想のすし飯をつくるためのレシピがコレです。

混ぜ方、冷まし方、従来のレシピと少し違います。

 

すし飯

材料(つくりやすい分量)
米…2合(360ml)
合わせ酢の材料
酢…70ml
砂糖…大さじ3
塩…小さじ2
昆布(5㎝四方)…1枚

 合わせ酢の材料は、すべて合わせてよく混ぜて溶かし、1晩おいておく。
2 米は、水分を少し控えめにして、堅めに炊く。炊き上がったら10分ほど蒸らしてからざっと混ぜ、ボウルに取り出す。
3 1の合わせ酢を回しかけ、しゃもじで手早く切り混ぜながら、合わせ酢を全体にまんべんなく行きわたらせる。
4 3をバットに移して広げ、冷ます。早く冷ましたいときはうちわであおぐとよい。表面がある程度冷めたら上下を大きく返し、同様に冷ます。
5 冷めたら器に移し、固く絞ったふきんをかけておく。

 

次回は、すし飯の混ぜ方についてです。5月16日(木)、更新予定です。

 

このブログについて

fukai

深い味をつくる!

いつもつくっている定番の料理。もっとおいしく、深い味になるレシピとは?

ブログ著者

関岡さん

関岡弘美

関岡弘美(せきおか・ひろみ)
料理研究家・日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。京都生まれ。就職を機に上京し、出版社で料理雑誌の編集に約6年間携わる。その後、1年半のフランス料理留学を経て、現在都内で料理とワインの教室を主宰。NHKテキスト『きょうの料理ビギナーズ』など、雑誌の料理ページや広告等で活動中。著書に『カセットボンベ1本で、これだけ料理ができました!』(NHK出版)などがある。
料理ブログbon et bonheur~料理、お菓子、ワインetc. 日々の暮らしで出会うおいしいと幸せ~を更新中。

ブログ最新記事