その50 世界遺産でキャンプ(最終回)

6月22日土曜日、
富士山が、世界遺産にめでたく登録されました。
この瞬間、偶然にも、私は毎年6月の富士山麓でのキャンプ中。
好天に恵まれ、美しい富士山の雄姿を間近に仰ぎ見てきました。

2013.06koyori10
キャンプといえば、「その20」で、富士山の溶岩プレートを
ご紹介しましたが、あれからもう1年。いつも同じ場所での
キャンプです。

そして今年紹介するのは、こんなかわいい食器たち。
2013.06koyori11

まずは、まるでクリスタルのようにカッティングがきれいな
樹脂のグラス。軽くて割れないというだけでなく、せっかくのキャンプ、
飲み物もおいしくいただきたいですものね。

2013.06koyori12
まずは食前酒、シェリーでかんぱーい。
お酒の色とカッティングが、太陽の光の下で、
美しい。今まで紙コップでなんとも思っていなかったけど、
これは断然、気分がいいです。

2013.06koyori13
と言いつつ、お酒に弱いので、すぐ酔っ払っちゃいました。
富士山のおいしい天然水を汲んで、ゴクゴク。
うーん、冷たくっておいしい!
赤いグラスも、まるで赤ワインのようなシックな色で、
水を飲んでいてもテンションがあがります。

2013.06koyori14

そして、焼き物! 七輪+備長炭で、何を焼いてもおいしくなります。

2013.06koyori15

このプレート、カラフルな色が楽しいだけでなく、
手ざわりがソフトで、軽くて持ちやすいので、使いやすい。
キャンプやピクニックにはうってつけです。
これも、紙皿ばかり使っていた私には、新発見。
グッズが違うだけで、なんか女子キャンプっぽい気分、
盛り上がるではないですか!

そして、おいしい食事も終わった夕方、
どこからともなくサイレンが鳴り響き、
「富士山が世界遺産に登録されました……」という放送が
キャンプ場周辺に流れました。そう、まさにその瞬間、
富士山を眺めていたのでした……。

2013.06koyori16

その夜は、まるでお祝いしてくれているかのように
大きなお月様が。電灯もなく、ふだんは真っ暗なキャンプ場の夜も、
強い月明かりで周囲は明るく、
富士山のシルエットもくっきりと浮かんでいました。

ちなみに、今回行ったキャンプ場は、流し場も用意されているのですが、
世界のに誇る山のふもとで、洗剤をたくさん使うのはどうも気になる私。
気分的なものかもしれませんが……。
メラミン食器もグラスも、ツルツルとした表面なので、
持参したメラミンスポンジで、洗剤なしで水洗いしながらこするだけで
油もきれいに落ちました。洗剤で洗うのは、家に持ち帰ってからにします!

bnr_catalog05_175

このブログについて

グッズバイヤーこよりの部屋

手芸材料やキッチングッズなど、ここでしか買えないもの揃ってます。

このブログの人々

草場道子

ブログ最新記事