鶏むね肉ブーム到来! 

鶏といえばもも。という人は多いのではないでしょうか?
私もそうでした。

むね肉はモソモソ、パサパサ。
なんとなく敬遠していましたが…。
このブログがスタートしてから、すっかりむね肉派になりました。
というのも、『安いお肉をもっとおいしく』にはなんと、もも肉のレシピはありません。
もも肉派の人には「?」という感じかもしれませんが、
おいしくするコツで本当においしいむね肉料理が作れます。
今までむね肉をおいしく料理できなかったのは、鶏のせいではなく自分のせい。
鶏さんごめんなさい。

反省しつつ、今回もむね肉レシピです。
「にらキムチピカタ」。51ページに載っています。
メインの材料はむね肉、白菜キムチ、にら、卵、ねぎ。今回もシンプルです。
あ、にらが1ワで写ってますが、使うのは1/3ワです。

粉まぶし
むね肉は食べやすくそぎ切りにして、小麦粉を薄くまぶします。

みじんぎり
白菜キムチ、にら、ねぎを切って。

卵液
切った材料を溶き卵のボウルに加え、むね肉をくぐらせます。
ここがポイント。
卵でコーティングすることが、しっとりふっくらにつながるのです!

焼く
ごま油を熱したフライパンに並べます。
ボウルに残った卵液も残さずに。
そのまま1~2分焼き、焼き色がついたら上下を返します。

焼く2
弱火でさらに2分。
その間にねぎしょうゆだれを作ります。

完成
完成です。
 
 
むね肉のフワフワ感は、今までで最高といえるレベル。
もし材料を知らされずに食べたら「白身魚?」と思うほどの感触でした。
卵ってすごーい。
そして、にらとキムチ。
豚キムチを連想させるガテンな組み合わせですが、強すぎずいい感じ。
家庭のおかず的やさしい一品。
またまたレパートリーが増えました。

このブログについて

安いお肉をもっとおいしく

安くておいしいのは、当たり前。3ステップレシピでおいしさ倍増!です。

ブログ最新記事