moyamoya

幸せのもやもや 現実逃避の「お勉強」はもうしない

moya3

仕事でもプライベートでも新しいことをやるときは不安になる。

今の自分では無理だと思って、付け焼き刃で勉強したくなるのだ。慌てて本を買って読んだり、ネットで検索したり、スクールに通いたくなったり、他の人に頼ろうとしてみたり……。そんな準備をしているうちにチャンスを逃してしまうこともある。

10年ほど前、外国人の社長へのインタビュー原稿を依頼された。「すごく簡単な英語で話してくれる人だから、どう?」と誘ってもらったが、僕は「今の自分では無理です。いま英語を勉強中なので……」などモゴモゴ言って断ってしまった。中学校時代からの英語学習が無になった瞬間である。以来、僕に英語での仕事を頼んでくれる人はいない。

自分はすでに十分に成長している。他人と比べて劣っているかもしれないけれど30代まで生き残ってきた。その過程で得た知見は膨大なものであり、フル活用すればたいていの課題には対処できる――。このように信じ込むしかない。どんなに拙い対処法であっても、付け焼き刃や借り物よりはるかにマシだ。自分なりの対処の繰り返しこそが成長なのであり、現実逃避のお勉強には何の意味もない。

 

・・・・・・・・・・

このブログは、青年と中年の間であるところの30代特有の「もやもや」について書いていきます。仕事、恋愛、お金、、、の悩み。30代は忙しいです。

絵/堀 道広(ほり・みちひろ) 1975年生まれ。マンガ家、イラストレーターとして活躍する一方、割れた陶器を漆で修復する「金継ぎ部」を主宰。著書に『青春うるはし!うるし部』『耳かき仕事人サミュエル』。

このブログについて

moyamoya

30代のもやもや

仕事、恋愛、お金…青年と中年の間、30代特有のもやもやをつづる。

ブログ著者

omiya

大宮冬洋

おおみや・とうよう
1976年生まれのフリーライター。ビジネス誌や料理誌などで幅広く執筆中。著書に『30代未婚男』(共著/NHK出版)、『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)ほか。食生活ブログをほぼ毎日更新中。
〇最新刊『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
〇毎月第三水曜日には、読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を西荻窪で開催。

このブログの人々

編01

山北健司

NHK出版新書編集部
す01

大宮冬洋

フリーライター

ブログ最新記事