moyamoya

幸せのもやもや 30代の幸せって何だろう

moya3

30代は若くもなく、かといって年老いてもいない。

仕事や生活での責任は20代と比べると格段に増しているけれど、まだチャレンジが許される年齢だとも言える。幸せを目指すための選択肢が複数あるのだ。転職すべきなのか、留学してみたい、子どもはつくるべきか、お金はどれぐらい必要なのか……。

10代20代には無限の選択肢がある。それでいてほぼ無責任。やる気さえあれば希望に輝ける世代だと思う。30代にも選択肢は残されているけれど、数がだんだん少なくなってきている。例えば、今さらプロスポーツ選手を目指すのは不可能だ。転職や子づくりでは「35歳限界説」がささやかれるなど、期限もひたひたと迫っている。

といって、仕事や家庭での責任が重くてほとんど選択肢のない40代とは違う。30代にはまだ夢や野心を抱く時間が残されているのだ。だから迷う。人生を大きく変えるにはおそらく最後のチャンスだから。

希望と意欲があるからこそもやもやするのだ。後から30代を振り返ってみると、悩むこと自体が幸せだったと感じるのかもしれない。

 

・・・・・・・・・・

このブログは、青年と中年の間であるところの30代特有の「もやもや」について書いていきます。仕事、恋愛、お金、、、の悩み。30代は忙しいです。

絵/堀 道広(ほり・みちひろ) 1975年生まれ。マンガ家、イラストレーターとして活躍する一方、割れた陶器を漆で修復する「金継ぎ部」を主宰。著書に『青春うるはし!うるし部』『耳かき仕事人サミュエル』。

このブログについて

moyamoya

30代のもやもや

仕事、恋愛、お金…青年と中年の間、30代特有のもやもやをつづる。

ブログ著者

omiya

大宮冬洋

おおみや・とうよう
1976年生まれのフリーライター。ビジネス誌や料理誌などで幅広く執筆中。著書に『30代未婚男』(共著/NHK出版)、『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)ほか。食生活ブログをほぼ毎日更新中。
〇最新刊『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)
〇毎月第三水曜日には、読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を西荻窪で開催。

このブログの人々

編01

山北健司

NHK出版新書編集部
す01

大宮冬洋

フリーライター

ブログ最新記事