meet

みそ味のひき肉じゃが

肉(1023-13)

ひき肉でつくる肉じゃがが好きです。

ひき肉が、じゃがいもによくからまるのがいい感じ。煮崩れる男爵でつくると、一体感がさらに増します。まあ見た目は、こんな感じになってしまいましたが……。

『安い肉をもっとおいしく』の本の中で、「合いびき肉」の中で、いちばん最初に出てくるのが、このみそ肉じゃが

材料は、
肉(1023-1)
一口大に切ったじゃがいも3コ分。

肉(1023-3)
合びき肉150g。

肉(1023-2)
くし形切りにしたたまねぎ1/2コ分。それにうずらのゆで卵と、仕上げの細ねぎの小口切り。

肉(1023-5)
サラダ油大さじ2を熱して、じゃがいもとたまねぎを炒め、

肉(1023-6)
合びき肉を投入。

肉(1023-7)
炒め合わせて肉の色が変わったら、

肉(1023-8)
だしをカップ2注ぎます。

肉(1023-9)
ふたをして4、5分煮たら味つけ。みそ大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1、砂糖大さじ1、しょうゆ小さじ2を合わせたものです。

肉(1023-10)
うずらの卵も投入し、落としぶたをして10~15分ほど煮ます。

肉(1023-11)
落としぶたを取って、ざっと混ぜて余計な水分をとばしてでき上がりです。

 

じゃがいもって、ワインとの相性が抜群なのです。ポテトフライやポテトチップスはもちろん、肉じゃがもワインの友にオススメです。少し冷めたところなら、よ~く冷やした白ワインもよいのですが、いちばんのオススメは、ピノ・ノーワールの赤ワイン。

バイエ・Hコート(10)

今回合わせたのは、ブルゴーニュのピノ・ノワール。これはユドロ・バイエという、大好きな造り手のワイン。かなり酸が強いのですが、みそ味のこっくりとしたひき肉じゃがと合わせると、何ともいい感じなのでした。

このブログについて

meet

安いお肉をもっとおいしく

安くておいしいのは、当たり前。3ステップレシピでおいしさ倍増!です。

ブログ最新記事