meet

調味料マジック

完成

ふつうの炒め物に見えるこの1品ですが…。

さまざまな調味料のおかげで、実に複雑な味(←もちろんいい意味です!)なんです。
「牛肉とセロリの梅オイスター炒め」、『安いお肉をもっとおいしく』の91ページに掲載されています。

材料
まずは材料から。
用意するのは、牛こま切れ肉、セロリ、長芋、梅干し、にんにく、しょうが。
レシピの倍量作るので、これで4人分です。

下味
お肉に下味をつけます。
塩、こしょう、酒、ごま油、かたくり粉でもみもみ。
お肉に下味をなじませている間に、野菜を切り、
調味料も混ぜ合わせておきます。
調味料の詳細はのちほど。

炒める
フライパンにサラダ油を熱し、下味をつけたお肉を炒めます。
色が変わったらいったん取り出します。
後でセロリと長芋と一緒に炒めるので火が通りすぎないほうがいいかも。
少し赤みが残るぐらいのところでストップしてみました。

長いも&セロリ
にんにくとしょうがのみじん切りを弱火で炒め、
香りがでてきたところで細切りにしたセロリと長芋を投入します。

長いも&セロリ&お肉
牛肉を戻し入れてサッと炒めてお酒をふり、混ぜておいた調味料を加えて仕上げます。

調味料
その調味料がこちら。
真っ黒でよくわからないですね。
梅肉、オイスターソース、しょうゆ、砂糖が入っています。
この調味料と最後に酢を加えてサッと炒めて完成です。

トップ画像用
じゃん!
色がいまいちな写真で非常に残念です。
本当はもっと食欲をそそる、おいしそうな色なんです。
 
さて、ひと口。
それぞれの調味料の効果で、とても深みのある味にびっくり。
ひとことでは言い表せない、味の層みたいなものを感じます。
使った梅干しは、塩分の少ないどちらかというと丸みのある酸っぱさのもの。
これがよかったのかも。
塩気が強くなりすぎず、うまくなじんでいます。
セロリの歯ごたえと、長芋の適度なホクホク感もいい感じ。
それぞれのよさを味わうには、炒めすぎないことがポイントかも。
うーん、おいしさがじゅうぶんにお伝えできずもどかしい。
ぜひ作ってみてください!
白いごはんにも合いますよー。

このブログについて

meet

安いお肉をもっとおいしく

安くておいしいのは、当たり前。3ステップレシピでおいしさ倍増!です。

ブログ最新記事