ftr_icon_new

宮武カメラマン グランプリ受賞おめでとうございます

受賞

みなさま。
管理人の田原です。
きょうは嬉しいおしらせ。

ブログ「今週の季節のことば」二十四節気七十二候編で、毎回すてきな写真を撮っていただいている
カメラマンの宮武健仁(みやたけたけひと)さんが、
このたび日経ナショナルジオグラフィック写真賞2013のグランプリを受賞いたしました!
その授賞式の様子を、2月3日の式に出席した、ブログ「今週の季節のことば」執筆の浦川聡子さんが撮ってきてくださいました!
右で照れ笑いしているのが宮武さんです。

ナショナルジオグラフィック写真賞は、「国際的に活躍できるドキュメンタリー写真家を発掘し、日本から世界へ送り出したい」。という目的のもと、創設されたもので、
第2回目になる今年の応募総数389人、合計1003点あったそうです。そのなかから、みごと宮武さんの作品がグランプリに輝きました。

宮武さんの受賞作品は、桜島の火山噴火の様子や、日本の四季のうつろいの中で、その時季その瞬間にしか見られない蛍、ホタルイカ、ひかりごけなど、「光」をとらえた印象的な写真。このブログでも、蛍の写真は少しご紹介しましたよね。
(実は、宮武さんの一部の写真はNHK俳句」のテキスト巻頭写真で見ることができます)

これからも、宮武さんのステキな写真と、季節のことばを、当ブログでお楽しみください!

宮武健仁(みやたけ・たけひと) 
日本写真家協会会員。1966年大阪生まれ、徳島育ち。1995年徳島に帰郷し、郷里の吉野川を中心に瀬戸内海・太平洋・四万十川など四国の 水を撮り歩く。2009年より通い続ける桜島の赤い噴火や、火山雷の写真は、「ナショナルジオグラフィック」誌などで紹介され、2012年に写真絵本「桜島の赤い火」(福音館書店)出版。現在ライフワークとしている水の風景に加え、活火山と、火山が作り出した特徴のある地形を求めて国内各地に出かけている。

このブログについて

ftr_icon_new

明日のこと、生活のこと

新着の情報など、「あしたの生活」全体のお知らせ部屋です。

このブログの人々

編01

川村玲美

管理人
編01

奥村真紀

管理人
編11

阿川峰哉

『まる得マガジン』編集長
編05

米村 望

編集長&管理人。
編04

木村麻美

管理人

ブログ最新記事