moto5

何をつくったでしょうか?

IMG_9700-1

いきなりですが、これから紹介するパーツをヒントに、僕がつくった家具を当ててください。

そのパーツとは、古びた鉄製のガス管(写真中央)です。このガス管1本と、さらに2つの鉄製パーツ(別々のパーツで、写真の中にはありません)を使ってつくったものです。家具といえば数も絞られるし……簡単ですかね。

 

答えは鉄製スツール。ガス管はスツールの脚になりました。ほかの2つのパーツについてですが、1つは外国製のトラクターのシート。これが座面になっています。もう1つは脚の下部に重りとして取りつけた、トラックのブレーキディスクです。

IMG_6919-1

以前「ひらめきの頻度」でもお伝えしましたが、今回のスツールに使ったパーツも、異なる時期に購入したもの。パーツを買った時点でスツールをつくることになるとは想像していませんでした。ガス管のバルブのおかげで、個性的なスツールに仕上がっています。

このブログについて

moto5

自分でつくる古びた家具と庭

伊波英吉がエイジングの魅力と家具やガーデニングアイテムを語る。

ブログ著者

_KIT6964-1

伊波英吉

いは・えいきち 1982年、沖縄県生まれ。両親の営む「七栄グリーン」に勤務後、独立。千葉県印旛郡酒々井町で、家具や什器、寄せ植えの製作販売、店舗の内外装などを手がけるお店「THE OLD TOWN」を営む。著書に『スクラップメイドのインテリア』(グラフィック社)、『古い木の素材集』(エムディエヌコーポレーション)がある。

このブログの人々

大津雄一

伊波英吉

ブログ最新記事