moto5

ファイヤーキング

IMG_8017-1

きょうはオールドタウンでいつも使っているマグカップを紹介します。

このマグカップは、アメリカの耐熱ガラス容器メーカー・アンカーホッキンググラス社が1940年代に立ち上げたブランド「ファイヤーキング」のラインナップのものです。ファイヤーキングにはマグカップのほかに、お皿や花瓶、灰皿などがあり、1970年代に生産が終了しています。マグカップは、色や形、絵柄の異なる数多くの種類が生産されていて、いまでも世界中にファンがいます。

 

熱心にコレクションしてきたわけではありませんが、オールドタウンにはファイヤーキングのマグカップが20種類くらいあります。その多くは妻が購入したものです。アンティークとはいえ、大量生産されていたシリーズのものはいまでも手ごろな価格で手に入ります。気になる方はアンティークショップやフリーマーケット、ネットショップを探してみてください。キズやすり減りのある中古の食器は味わいがありますよ。

_MG_3856-1

 

ちなみに2011年から、ファイヤーキングジャパン社が、ファイヤーキングヘリテージシリーズを販売していて、製品は当時の製法をベースにつくられているそうです。

このブログについて

moto5

自分でつくる古びた家具と庭

伊波英吉がエイジングの魅力と家具やガーデニングアイテムを語る。

ブログ著者

_KIT6964-1

伊波英吉

いは・えいきち 1982年、沖縄県生まれ。両親の営む「七栄グリーン」に勤務後、独立。千葉県印旛郡酒々井町で、家具や什器、寄せ植えの製作販売、店舗の内外装などを手がけるお店「THE OLD TOWN」を営む。著書に『スクラップメイドのインテリア』(グラフィック社)、『古い木の素材集』(エムディエヌコーポレーション)がある。

このブログの人々

大津雄一

伊波英吉

ブログ最新記事