preserved2

ショコラグラノーラ

ショコラグラノーラIMG_0121

体によい素材がぎっしり詰まった、ショコラ味のおしゃれなグラノーラ。
大切な人の健康を祈って、バレンタインのプレゼントにいかがですか?

中川さんの家では、自家製グラノーラが大人気。
以前、ドライいちごのグラノーラを紹介しましたが、
今回は、この季節にぴったりのショコラ味を紹介します。

「オートミールは食物繊維がたっぷりで、体にとてもよい穀物です。
食べにくい印象があるかもしれませんが、
グラノーラにすると、とても食べやすくなります。
ホットミルクに浸すとチョコレートの風味が溶け出して、
とってもおいしいので、朝食やおやつにおすすめです。
暖かい季節になったら冷たいミルクや豆乳、
アイスクリームに混ぜて楽しんでください。
もちろん、このままポリポリ食べてもおいしいし、
甘すぎないのでブランデーやラム酒などの洋酒にも合います」
と、中川さん。

ここで素材の解説を少し。
全粒粉は薄力粉よりもチョコレートの苦みや香ばしさに合い、
菜種油はごま油よりコクが出るそうです。
メープルシロップはコクのある甘みをつけて、
全体をまとめる役割になるそう。

最後に中川さんからアドバイス。
「オーブンで焼くときは、
途中で数回取り出して全体を混ぜると、均一にきれいに焼き上がります。
ナッツと一緒に、好みのドライフルーツを混ぜて
アレンジするのもおすすめですよ」

ショコラグラノーラ

材料(つくりやすい分量)
オートミール 250g
全粒粉(または薄力粉) 大さじ4
きび糖・ココア 各大さじ3
塩 小さじ1/4
菜種油(またはごま油)・メープルシロップ 各大さじ4
好みのナッツ(ローストしたもの) 100g

1 ボウルにオートミール、全粒粉、きび糖、ココア、塩を入れ、
ゴムべらで全体を混ぜ合わせます。
2 1に菜種油、メープルシロップの順に回し入れ、そのつどよく混ぜます。
3 天板にオーブン用の紙を敷いて2を均一に広げ入れ、
150℃に温めたオーブンで30~40分間、表面がカリッとなるまで焼きます。
途中、焼きムラができないように、
10~15分おきに2~3回取り出して全体を混ぜてください。
4 粗熱が取れたら、好みのナッツを加えて混ぜ合わせます。
※保存瓶に入れ、常温で約3週間保存可能。

料理・中川たま
(なかがわ・たま)神奈川県逗子市在住の料理研究家。友人・どいちなつさん、オズボーン未奈子さんとともにケータリングユニット「にぎにぎ」で活動後、2008年に独立し、雑誌、イベントなどで活躍。季節の食材を使った常備菜や保存食づくりが得意。
ご本人のブログはコチラ

撮影・公文美和

このブログについて

preserved2

逗子からの保存食便り

神奈川県の逗子在住の料理家・中川たまさんの、季節の手仕事をお届けします。

ブログ著者

中川たま(プロフ画像)

中川たま

(なかがわ・たま)
神奈川県逗子市在住の料理研究家。友人・どいちなつさん、オズボーン未奈子さんとともにケータリングユニット「にぎにぎ」で活動後、2008年に独立し、雑誌、イベントなどで活躍。季節の食材を使った常備菜や保存食づくりが得意。著書に『「たま食堂の玄米おにぎりと野菜のおかず」』(主婦と生活社)がある。神奈川県鎌倉市で週に2回(木曜と金曜)、料理教室と食堂「Atelier Lim」を開催。ご本人のブログと食堂のブログを持っている。

このブログの人々

佐野朋弘

編01

宇田真子

『NHKきょうの料理』編集部

ブログ最新記事