アイコン

わけぎ~あえ物と炒め物に~

わけぎ(1)

ねぎとたまねぎの雑種なのだそうです。

香りや味もマイルドなのは、そのせいでしょうか? 普通のねぎのように薬味に使ったり、ブツブツと大きく切って、鍋や炒め物にも使います。サッとゆてで酢みそであえるぬたや、ドレッシングであえたサラダも大好物。辛みが少ないので、娘の汁物や麺の薬味は、わけぎを選ぶことが多いです。そのままおくと葉先から痛むので、ラップなどにしっかりと包んで冷蔵庫で保存し、できる限り早く食べること。わけぎという名は、よく枝分かれするので、そう呼ばれるようになったそうです。

わけぎの酢みそあえ

わけぎ(2)

わけぎはゆでると量がグッと減りますから、少し多めと思うくらいの分量をゆでます。水っぽくならないようにゆでてから、食べやすく切ります。酢みそとあえるのは食べる直前に。水けが出てしまうので注意します。あればたこや帆立て、いか、えびなどの海鮮と組み合わせたりすると、大きなおかずになりますね。

材料(2~3人分)
わけぎ 1ワ(150g)
酢みそ
 白みそ 大さじ2
 酢 大さじ2
 砂糖 大さじ1

1 わけぎは、茎の部分と柔らかい葉先の部分に分ける。
2 鍋に湯を沸かし、煮立ったら先に茎の部分を入れてゆでる。

わけぎ(3)

3 ひと呼吸おいたら葉先を加え、サッとゆでたらざるに上げて冷ます。水にさらさない。

わけぎ(4)

4 冷めたら5~6cm長さに切って器に盛り、混ぜた酢みそをかけ、あえて食べる。

 

わけぎのにんにくソテー

わけぎ(5)

にんにくやしょうがなどでアクセントをつけて、炒め物にします。ぬた同様、量が減るので多めに切って炒めます。オイルはごま油や菜種油、米油もおすすめ。味つけもみそ、オイスターソース、梅肉も試してみてください。 好みで浅めに炒めたり、クッタリと柔らかくなるまで炒めたり、どちらもそれぞれおいしいです。

材料(2~3人分)
わけぎ 1ワ(150g)
にんにく(薄切り) 1かけ
塩 ひとつまみ
ナムプラー 少々
オリーブ油 大さじ1

1 わけぎは5cm長さに切り、白い玉の部分、茎、葉に分ける。

わけぎ(6)

2 フライパンにオリーブ油とにんにく、わけぎの白い玉の部分を入れて弱火にかける。

わけぎ(7)

3 香りが立ったら、わけぎの茎、葉の順に加えて炒め、しんなりしたら塩、ナムプラーで味を調える。

 

★次回は、ふきを取り上げます。3月29日更新予定です!

『きょうの料理ビギナーズ』4月号、発売中です!

ビギ4月号

テキストでは、新じゃがを取り上げています。

ビギ4月号連載

このブログについて

アイコン

飛田和緒さんの野菜とのつきあい方

人気の料理研究家が、季節の野菜とじっくり向き合っていきます。

ブログ著者

プロフィール画像(ヒダ)

飛田和緒

料理家。1964年東京生まれの東京育ち、高校時代の数年間を長野で過ごす。現在は、湘南の街に夫、娘とともに暮らす。祖母の料理から引き継いだ東京の味、長野に住む母や友人によって知った長野の味、自身が暮らす湘南の味、その土地の素材と向き合いながら、日々の食卓で楽しめる家庭料理や保存食を作り続けている。手軽に作れるふだんのおかずで、シンプルなレシピにファンが多い。著書に『常備菜』(主婦と生活社)など多数。

ブログ最新記事