食べやすく、しっとりと。「オイルサーディンとポテトクリームの オープンサンドイッチ」

買いおきのオイルサーディン缶にひと手間かけて、ボリューム十分のブランチをつくりました。

夏らしく、さわやかな色合いもポイント。新じゃがのクリームをベースに塗って、シニア世代にもいただきやすい、しっとり系の仕上げにしています。

パンは好きだけれど、年を重ねるごとに「飲み込み」に自信がなくなって、ちょっと敬遠気味、というお声を、行く先々でよく伺います。

若い頃と同じように、大口を開けてハードトーストにバリッとかみつくのは無理としても、野菜とたんぱく質をバランスよく取り込んだサンドイッチは、ほどよい腹持ちも含め、上手に利用したいスタイルです。

今日は、薄めにスライスした田舎パンと、シニア世代にもなじみあるオイルサーディンを使って、オープンサンドイッチにします。

オープンサンドイッチは、当然のことながら、パン一枚仕立て。これだけでも、通常のサンドイッチより食べやすくなります。ひと口大に、切り分けながら召し上がればマル。華やかさが演出できる利点もあるので、柔らかくオイル煮されたサーディンの姿や、鮮やかな緑色が夏らしい、ズッキーニの輪切りなどを生かすように、美しく並べます。

RIMG2231 (2)☆

さらに、オイルサーディンのサーディンは、青魚(多くはニシンの一種)。EPA、DHAといった悪玉コレステロール減少に役立つと言われる不飽和脂肪酸が溶け出した缶汁(油脂)も、少しだけ利用しましょう。

ここで肝心の、「飲み込み」対策。水分の多い新じゃがをレンジにかけてつぶし、牛乳で柔らかく溶きのばします。すりおろしたチーズも加えて、簡単なクリームをこしらえ、パンにぬるスプレッドをこしらえます。

ポテトクリームは、パンに塗ると水分が吸いとられて、時間が経つと硬くなりますから、少し柔らかすぎるかな、と思うくらいがちょうどよい加減です。

あとは、手早く具を重ねて、表面にもチーズをふり、オーブン・トースターへ。

年齢に即した、小さな工夫で食生活の楽しみはまだまだ広がります。ぜひ、お試しください!

 

オイルサーディンとポテトクリームのオープンサンドイッチ

材料(2人分)
オイルサーディン(缶詰) 小8匹
ズッキーニ 1/3本
セミハード系チーズ(すりおろし。ここではコンテ、なければ粉チーズでよい) 適宜
パン・ド・カンパーニュ(または、雑穀系の、面の広い食事パンをお好みで) 2枚
新じゃが 小2コ
牛乳 大さじ5~6
塩・こしょう 各適宜

1 新じゃがは、皮をこすり洗いする。半分に切り、耐熱容器に入れて軽くラップをかぶせ、500wで4分かける。熱いうちに皮をむき、ボウルに戻してフォークの背でつぶす。
2 牛乳を少しずつ注ぎ混ぜ、柔らかめのピュレにする。チーズを(好みだが、大さじ1程度)加え、塩をふる。こしょうも多めにふり、ゴムべらなどで全体をよく混ぜる。

RIMG2244 (2)☆

3 ズッキーニは端を切り落とし、2~3mmの薄い輪切りにする(スライサーを使うとよい)。
4 それぞれのパンの片面に、2のポテトクリームを塗る。

RIMG2250 (2)☆

ズッキーニ、オイルサーディンを順に重ねる。サーディン缶の油を、ひとすくいずつ回しかけ、チーズ少々をふりかける。オーブントースターを高温(1,000w)にセットして、十分に温まったところで、パンを並べて入れる。7~8分、チーズが溶けて軽く焼き色がつくまで焼く。でき上がり。

☆次回は、8/4更新の予定です。

●鮫島正樹(さめじま・まさき)
料理家、メニュー開発コンサルタント。故・入江麻木氏に師事、ヨーロッパ家庭料理と伝統菓子を学ぶ。1983年に独立、「フード アート アンド デザイン シィ」を立ち上げる。以降、NHK「きょうの料理」講師をはじめ、欧風家庭料理をベースとした健康派のレシピを、作る楽しみとともに発信。近年は自らの暮らしと照らして、中高年のための食卓提案に力を注いでいる。著書に「魅惑の欧風菓子」(主婦と生活社)、「食べてきれいになる137レシピ」、「三ッ星サラダBOOK」(ともに世界文化社)ほか。◇測の豪雨多発に啞然茫然。お見舞い申し上げます。我が家では、愛車の雨漏り対策完了でひと息。

◇小鮫(こさめ)
鮫島スタジオを取り仕切る、古参の助手。師匠にも、容赦ない毒舌を浴びせること度々。無類の甘党。雨の脅威にはただ、平伏するばかり。蜂と毛虫に戦々恐々。スプレー各種、配備。

このブログについて

鮫島式 シニアごはん

料理研究家の鮫島正樹さんが、ふだんの食生活とレシピを公開します。

ブログ著者

鮫島正樹

(さめじま・まさき)料理家、メニュー開発コンサルタント。1951年生まれ。
故・入江麻木氏に師事、ヨーロッパ家庭料理と伝統菓子を学ぶ。
1983年に独立、「フード アート アンド デザイン シィ」を立ち上げる。
以降、NHK「きょうの料理」講師をはじめ、
欧風家庭料理をベースとした健康派のレシピ、作る楽しみを発信している。
近年は特に、中高年のための食卓提案に力を注いでいる。無類のワイン好き。

このブログの人々

高井美恵

ブログ最新記事