鮫アイコン(最新)

大人だって心ときめく 「お子様ランチ」ハワイ風

RIMG0169 (2)

夏休み期間中は、ご家族連れがにぎやかにテーブルを囲む光景をたくさん目にしました。

「お子様ランチ」、いいな~。ハワイのローカルフード「ロコモコ」にヒントを得て、大人も満足のひと皿をつくりました。

ハワイがお好きな方にはお馴染みの「ロコモコ」。ご飯にハンバーグと目玉焼きをオン、ドミグラスソースをかけたパワーフードで、ご飯をバンズに替えたバーガー仕立ても人気です。

そこにアボカドをプラスするのが、僕のお決まり。

今日は、「お子様ランチ」スタイルにしたいので、ソースはかけずに、炒めご飯にしてあらかじめ味つけを済ませてしまいます。

夏の間に何度か出番のあったBBQソースの残りを使い、ちょっと濃いめの甘辛味のご飯にして、型抜きする目論見。後で、ミニ星条旗の飾りも立てるとしましょう。

パティは、比較的脂の少ない牛ひき肉を使ってシンプルに。余計なものは入れず、塩少々と黒こしょうを効かせて、薄めでも噛みごたえがあるようにします。
黄身は半熟仕上げ、アボカドは完熟を。互いを軽く混ぜ合わせながら、いただきます。

もう、袖無し、短パンですごす日も多くはありません。

夏の名残を楽しむ、ハワイ風の味わいをお楽しみください。

ぜひ、お試しください!

ハワイ風ビーフライス

材料(2人分)
牛ひき肉(牛多めの合びき肉でもよい) 200g
塩 小さじ1/4
黒こしょう 適宜
卵 2コ
サラダ油 適宜
ご飯(軽く温める) 200g
バター 小さじ2
にんにく(みじん切り) 1かけ分
たまねぎ(みじん切り) 大さじ3
アボカド 小1コ
バーベキューソース(市販品)* 大さじ2+1/2

*なければトマトケチャップと中濃ソースを1:1、はちみつ少々を溶き混ぜればよい。
※あれば、セルクル型(直径8~10cm前後のもの)2つ

1 ボウルに牛ひき肉を入れて、手早く練り混ぜる。硬くて混ぜにくいようなら、水大さじ1~2を加えるとよい。

粘りが出てきたら塩、黒こしょうをふり、さらに混ぜる。1/2量をとり、ハンバーグの容量で空気を抜きながら、厚さ1㎝程度の円形に整え、パティをつくる。残りも同様にする。

2 フライパンにサラダ油を注ぎ、弱火にかける。セルクル型を並べておき、卵を1つずつ、割りいれる。アルミ箔を軽くかぶせ、半熟状の目玉焼きを作る。皿に取って置く。

3 きれいにしたフライパンにサラダ油少々を注ぎ、弱火にかける。1のパティを並べ、約1分半焼いたら返す。

RIMG0104 (2)

塩少々(分量外)をふり、さらに約1分半焼き上げて、別皿に取り出す。お好みで黒こしょうをふる。

4 アボカドは横半分に切って種を取り除き、皮をむいて寝かせ、8mm幅に切る。

5 3のフライパンの汚れを拭き取り、バターを入れて弱火にかける。にんにくとたまねぎを薄く色づくまで炒め、ご飯をほぐしながら加え炒める。バーベキューソースを回しかけ、全体にからめる。

RIMG0107 (2)

銘々の器に、炒めたご飯(写真では、型抜きしている)とアボカド、卵焼き、牛肉のパティを盛り分ける(ここでは、飾りの旗をプラス)。でき上がり。

☆次回は、9/22更新の予定です。

●鮫島正樹(さめじま・まさき)
料理家、メニュー開発コンサルタント。故・入江麻木氏に師事、ヨーロッパ家庭料理と伝統菓子を学ぶ。1983年に独立、「フード アート アンド デザイン シィ」を立ち上げる。以降、NHK「きょうの料理」講師をはじめ、欧風家庭料理をベースとした健康派のレシピを、作る楽しみとともに発信。近年は自らの暮らしと照らして、中高年のための食卓提案に力を注いでいる。著書に「魅惑の欧風菓子」(主婦と生活社)、「食べてきれいになる137レシピ」、「三ッ星サラダBOOK」(ともに世界文化社)ほか。前を行く、同年輩の丸まった背中に、思わず背筋を伸ばす。歩幅を広げて、しゃっきりと。秋風が心地よい夕暮れ。

◇小鮫(こさめ)
鮫島スタジオを取り仕切る、古参の助手。師匠にも、容赦ない毒舌を浴びせること度々。無類の甘党。7月は行列に恐れをなし、8月は長雨で断念。ようやくありつけそうな、9月のかき氷(急げっ!)。

このブログについて

鮫アイコン(最新)

鮫島式 シニアごはん

料理研究家の鮫島正樹さんが、ふだんの食生活とレシピを公開します。

ブログ著者

鮫顔(New)

鮫島正樹

(さめじま・まさき)料理家、メニュー開発コンサルタント。1951年生まれ。
故・入江麻木氏に師事、ヨーロッパ家庭料理と伝統菓子を学ぶ。
1983年に独立、「フード アート アンド デザイン シィ」を立ち上げる。
以降、NHK「きょうの料理」講師をはじめ、
欧風家庭料理をベースとした健康派のレシピ、作る楽しみを発信している。
近年は特に、中高年のための食卓提案に力を注いでいる。無類のワイン好き。

このブログの人々

高井美恵

ブログ最新記事