haiku2

俳句をつくろう!「今日つかいたい季語」(1)

秋の海

二〇一七年十月十一日 水曜日(旧暦八月二十二日)

二十四節気】 寒露(かんろ) 二〇一七年十月八日~十月二十二日

七十二候】 鴻雁来(こうがんきたる)二〇一七年十月八日~十月十二日

雁や鴨や鶫(つぐみ)などの小鳥が北から渡ってくる時期。

【季語】秋の海

夏は賑やかな海が、秋は人気もなく寂しさが漂います。冬の海のような厳しさはありません。秋の美しい空の下に広がる静かな海を詠んでみましょう。

 

秋の海荒るるといふも少しばかり   高浜虚子

 

著者 俳人・田口茉於&NHK俳句編集部

撮影:板野賢治

このブログについて

haiku2

俳句をつくろう!「今日つかいたい季語」

俳句作りのポイントは季語(季節の言葉)と五七五のリズム。今日つかいたい季語に出合ったら一句詠んでみませんか。

ブログ最新記事