ねぎ(1)~甘みが増した白いねぎで~

ねぎだけの焼きそばです。

ねぎだけでもじゅうぶんに旨みが出て、焼きそばがおいしくできます。ねぎも、そばもじっくりと香ばしくなるまで炒める、焼くをするのがポイント。好みでうす口しょうゆをナムプラーや魚醤で味つけしたり、黒酢をサッとかけて食べてもおいしいです。

ねぎ焼きそば

HY0216-5984

材料(2人分)
ねぎ(長ねぎ) (大)1本(200g)
焼きそば用蒸し麺 2玉
塩 2つまみ
うす口しょうゆ 小さじ2
ごま油 適量

1 フライパンにごま油少々を熱し、蒸し麺を形を崩さないようにそのまま入れ、弱めの中火で両面をじっくりと焼く。焼き色がついたら、いったん取り出す。

HY0216-5911

2 ねぎは斜めに薄切りにする。空いたフライパンにごま油小さじ1を足し、ねぎを入れて炒める。

HY0216-5954

3 ねぎがしんなりして、焼き色がつくまで炒め、1の麺を戻し入れ、塩とうす口しょうゆで味を調える。

HY0216-5970

nbsp;

★次回も、ねぎを取り上げます。11月29日更新予定です!

『きょうの料理ビギナーズ』11月号、発売中です!

ビギ11月号(17)

テキストでは、長芋を取り上げています。

ビギ11月号連載(17)

このブログについて

飛田和緒さんの野菜とのつきあい方

人気の料理研究家が、季節の野菜とじっくり向き合っていきます。

ブログ著者

飛田和緒

料理家。1964年東京生まれの東京育ち、高校時代の数年間を長野で過ごす。現在は、湘南の街に夫、娘とともに暮らす。祖母の料理から引き継いだ東京の味、長野に住む母や友人によって知った長野の味、自身が暮らす湘南の味、その土地の素材と向き合いながら、日々の食卓で楽しめる家庭料理や保存食を作り続けている。手軽に作れるふだんのおかずで、シンプルなレシピにファンが多い。著書に『常備菜』(主婦と生活社)など多数。

ブログ最新記事