かぶ(1)~厚揚げと煮物に~

かぶ料理の定番。

根菜の中ではとても火の通りが早いので、煮物はサッとでき上がります。肉との組み合わせのほか、いか、えび、あさりなどの海鮮や練り物、厚揚げや油揚げで煮ます。塩やうす口しょうゆで煮ればかぶの白さが生き、濃口しょうゆで煮れば、ツヤッとしたしょうゆ色に染まったかぶも食欲をそそります。

かぶと厚揚げの煮物

材料(4人分)
かぶ 5コ(360g)
厚揚げ (小)2枚(260g)
だし カップ2
砂糖 小さじ2
うす口しょうゆ 大さじ2

1 かぶは皮をむいて、縦半分に切る。

2 厚揚げは一口大に三角形に切る。
3 鍋に1、2を入れ、だしと砂糖を加えて火にかける。落としぶたしをして弱めの中火で、かぶが柔らかくなるまで煮る。

4 うす口しょうゆを加えて味を調え、なじむまでさらに5~6分間煮る。

★次回も、かぶを取り上げます。2月28日更新予定です!

『きょうの料理ビギナーズ』2月号、発売中です!

テキストでは、ブロッコリーを取り上げています。

このブログについて

飛田和緒さんの野菜とのつきあい方

人気の料理研究家が、季節の野菜とじっくり向き合っていきます。

ブログ著者

飛田和緒

料理家。1964年東京生まれの東京育ち、高校時代の数年間を長野で過ごす。現在は、湘南の街に夫、娘とともに暮らす。祖母の料理から引き継いだ東京の味、長野に住む母や友人によって知った長野の味、自身が暮らす湘南の味、その土地の素材と向き合いながら、日々の食卓で楽しめる家庭料理や保存食を作り続けている。手軽に作れるふだんのおかずで、シンプルなレシピにファンが多い。著書に『常備菜』(主婦と生活社)など多数。

ブログ最新記事