再掲載・キャベツ(4)~黒キャベツをスープに~

『シンプルがおいしい! 飛田さんの野菜レシピ』、本日発売です。

コレは、本にも収録されている黒キャベツのレシピです。

撮影の日、市場で買い物をしていると売り手の女性から「これ、ものすごくおいしいの」声をかけられ、買ったのが黒キャベツ。

ちりめんじょうの葉で、ふつうのキャベツのように葉が巻いていない、不結球型キャベツと言われているそうです。繊維も風味も強いので、煮込み向き。黒キャベツでとったスープがおいしいとの情報を得て、さっそく挑戦してみました。

20160410-2
黒キャベツ

黒キャベツ(縮)
これは、友人が畑で育てた黒キャベツ

 

黒キャベツは繊維が多く堅めなので、具というよりはだしの素と考えて、具としてふつうのキャベツも入れて作りました。味つけは塩のみ。あれば芯の部分も一緒に入れて煮れば旨味倍増。

Wキャベツスープ

材料(2~3人分)
キャベツ 2枚
黒キャベツ 6枚
だし カップ4
塩 小さじ1

1 キャベツは、ともに細切りにする。
2 鍋に入れてだしと塩を加えて、柔らかくなるまで煮る。

このブログについて

飛田和緒さんの野菜とのつきあい方

人気の料理研究家が、季節の野菜とじっくり向き合っていきます。

ブログ著者

飛田和緒

料理家。1964年東京生まれの東京育ち、高校時代の数年間を長野で過ごす。現在は、湘南の街に夫、娘とともに暮らす。祖母の料理から引き継いだ東京の味、長野に住む母や友人によって知った長野の味、自身が暮らす湘南の味、その土地の素材と向き合いながら、日々の食卓で楽しめる家庭料理や保存食を作り続けている。手軽に作れるふだんのおかずで、シンプルなレシピにファンが多い。著書に『常備菜』(主婦と生活社)など多数。

ブログ最新記事