ftr_icon_zero

(28)たまねぎ(2)~くし形切りをマスターしよう!~/再掲載

たまねぎ(2-1)

たまねぎの切り方でいちばん多いのは、だんぜんくし形なのでは?と思います。

というより、くし形という切り方にいちばんふさわしい野菜がたまねぎ、なのかもしれません。

実は私は、『0(ゼロ)から料理を始める人の、まず15品』という本をつくる前は、正しいくし形の切り方を知りませんでした……。

まずはたまねぎを、1/4コ分にします。たまねぎ1/2コからなら2等分、1コからなら4等分に。


それから、たまねぎのしんの部分を、包丁(ペティナイフ)で斜めに切り落とします。


2~3枚ずつにはがしてから、それぞれを1cm幅くらいに切ります。料理によっては、もう少し太かったり細かったりしますが、1cm幅は使いやすい大きさです。


すべてを1cm幅に切りそろえます。あらかじめ2~3枚ずつに分けて切ると、中心部分も外側も幅をそろえて切れるので、料理をする際に均一に火が通るわけです。

きれいなくし形切りたまねぎができるようになると、料理の腕がぐっと上がったように思えるから不思議です。

次回は、ねぎの話です。

このブログについて

ftr_icon_zero

0(ゼロ)から料理を始めてみる

まったく料理をしたことがない人が、つくり始めるきっかけになれば……。

このブログの人々

編05

米村 望

編集長&管理人。

ブログ最新記事