藤川史雄 SPECIES NURSERY その1

◆珍奇植物をこよなく愛する

「これヤバイでしょ」

「こっちも相当ヤバイんだよ」

そのビニール温室には、一般の園芸店ではほとんど目にすることにできない、一風かわった植物ばかりが、所狭しと並んでいる。SFマンガの宇宙人のような植物、戦国武将の兜のような植物。真っ白な毛の覆われた植物。

その温室内を歩きながら、うれしそうにその植物の魅力を説明してくれているのが、藤川史雄さん。知る人ぞ知る、珍奇植物ナーセリー「SPECIES NURSERY」の代表だ。エアプランツという名前で流通することの多いチランジア Tlllandsiaをはじめ、多肉植物や球根植物などの、珍品中の珍品を揃え、栽培、増殖、販売を行なっている。ラン展などイベントでの出店では「藤川商店」の愛称でも親しまれている。

 

植物好きの中でも選りすぐりの植物好きに会いに行く「植物偏愛主義」。記念すべき最初の取材相手は藤川史雄さんと決めていた。

 

藤川史雄さん。ぱっと見はコワモテ。でも植物と子どもの話をするときは笑顔になる。

 

◆「好きな植物に囲まれてると楽しくてしょうがないよ」

そう言う藤川さんの表情は心から幸せそうだ。もともと趣味が高じて立ち上げたナーセリーなので、今でも商売より、自分の趣味を優先してしまう。どうしても回転資金が必要になって、貴重な植物を売ってしまったときなどは、それから1~2年クヨクヨするという。

「SPECIES NURSERY」がマニアたちから愛されている理由は、珍しい植物が手に入るからだけではない。株の状態が非常によいことも大きな理由になっている。それは彼が手間暇を惜しまず、愛情持って育てているためにほかならず、そんな植物愛が信頼されているとも言えるのだ。

「売らずに済むなら売りたくないって気持ちもあるよ。でもやっぱり植物の魅力や育てる面白さは知ってほしい。俺、わがままなんだよなー」

藤川さんが、なぜここまで植物にハマったのか、詳しく教えてもらった。

(その2に続く)

取材時、ちょうど満開に咲いていたラケナリア・ヴァンジリアエ Lachenalia aloides var. vanzyliae を手に。

 

※藤川さんも、チランジアに関する部分で協力してくださっている
『生活実用シリーズ NHK趣味の園芸 観葉植物と暮らす〜育て方、楽しみ方のガイドブック』(NHK出版 編)は、好評発売中です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
藤川史雄 ふじかわ・ふみお 1968年生まれ。大学卒業後、建築関連会社に就職した数年ののち、 幼少の頃から植物好きだった特色を生かしたいと園芸店へ転職 店舗企画、店長などを経て、チランジア界の第一人者に師事 。2001年SPECIES NURSERY(スピーシーズナーサリー)を立ち上げる 。チランジア(エアプランツ)・多肉植物・その他個性の強い植物を 取り扱い、その普及に努める。『ワンダフルプランツブック1・2』(共著、メディアファクトリー)など、書籍や雑誌の記事監修、協力多数。
SPECIES NURSERYのホームページはこちら